スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『映画の本』
 大晦日です。例年通り30日まで仕事、そして今日は大掃除をして一年を締めくくりました。ブログも久しぶりの更新ですが、来年も何とか一ヵ月に一度の更新は維持していきたいです。
 今年は『映画の本』という題名の雑誌を仲間うちで作りました。それに寄稿した評論とエッセイを、ブログの今年一年の締めとして載せておきます。よろしければ読んでみてください。

映画評論
映画エッセイ

 今年も一年間ありがとうございました。来年もまたよろしくお願いします。
【2008/12/31 19:21】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<こばやし画材、映画に登場 | ホーム | 動物電気>>
コメント
映画エッセイよかったです
「映画エッセイ」最後の段落に救われる気がしました。

今年もよろしくお願いいたします。

私も、心にひっかかるように残っている映画と本がありますが、きっと自分だけのその時の気持ちを重ね合わせているからこそ深く記憶しているのだと思い当たりました。

よいエッセイでした。
また楽しみにしています。
【2009/01/05 16:51】 URL | wakasa #-[ 編集] | page top↑
読んでいただきありがとうございます。
『映画の本』はこれからも発行されるので、書きあがったらこのブログでも掲載していく予定です。今年もよろしくお願いします。
【2009/01/07 23:26】 URL | 画材屋店員 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://salesclerk.blog105.fc2.com/tb.php/61-161f2d14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。