FC2ブログ
オン・ザ・ロード
オン・ザ・ロード
 アメリカ人作家ジャック・ケルアックによって1957年に出版されたこの作品は、1950年代後半のアメリカ文学を席巻したビート・ジェネレーションを代表する作品でもあります。従来は「路上」という題名で出版されていたのですが、今回「オン・ザ・ロード」という原題をカタカナ表記にした邦題で新しく翻訳されました。このブログのタイトルでもあるのですが、「on the road」という英語には「路上」という意味の他にも、「旅に出て」とか「放浪して」とか「途上にある」といった意味があります。「オン・ザ・ロード」というニュートラルな邦題にした方が、そうした原題の意味の多義性を尊重しているように思えます。
 この小説では、ケルアック自身がモデルとなっている主人公サルバトーレ・パラダイス(通称サル)が、思いのままに生きる破天荒な友人ディーン・モリアーティと、自家用車やヒッチハイクでアメリカ中を目的もなく旅をする、その姿が描かれています。解説の池澤夏樹の言葉を借りれば、「『オン・ザ・ロード』は「路上」をどこかへの「途上」と信じてひたすら移動を続ける若い連中の話だ」と要約することができます。つまり、この本には明快なストーリーというものはありません。そういう場合、何よりも翻訳が大事になってくるのですが、今回の新訳は従来よりも読みやすく、なおかつ文体にリズム感もあり、なかなか良い翻訳ではないかと思います。
 小説の中で、家族や経済といったシステムから自由であろうとして放浪を続けるサルとディーンは、どこかに落ち着くことをひどく恐れているように思えます。しかし、ある地点からある地点までを結ぶものが「road」であるとするなら、その途上である「on the road」の状態もいつまでも続くものではなく、いつかは放浪も終わりを迎えなくてはいけません。旅も終わりに近づいた時、以前訪れたサンフランシスコで撮られた写真を見てサルはこう思います。
 こういうスナップ写真をぼくらの子どもたちはいつの日か不思議そうにながめて、親たちはなにごともなくきちんと、写真に収まるような人生を過ごし、朝起きると胸を張って人生の歩道を歩んでいったのだと考えるのだろう、とぼくは思った。ぼくらのじっさいの人生が、じっさいの夜が、その地獄が、意味のない悪夢の道(ロード)がボロボロの狂気と騒乱でいっぱいだったとは夢にも考えないのだろう。なにごとも、内側は終わりもなく始まりもなく、空っぽだ。
 自由にアメリカ中を放浪しても楽しいことばかりではなく、小説からはお金も名誉もほとんど何も持っていない者の悲哀すら感じます。しかし、ひたすら自由であろうとするサルとディーンの姿は読む人にきっと何かを残すはずです。僕のお気に入りの一冊。
【2008/01/05 23:28】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<仕事はしっかりやりますが… | ホーム | 明けましておめでとうございます。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://salesclerk.blog105.fc2.com/tb.php/48-b0cfedee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |