スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
UEFAチャンピオンズリーグ
セルティックパーク
 先日サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ(以下CL)の組み合わせ抽選が行なわれました。CLはヨーロッパ№1クラブを決める、シーズンを通して最も重要なタイトルですが、それに出場し勝ち進むことは放映権料などの莫大な収入を得ることを意味するため、名誉だけでなくクラブの経営にもCLは非常に重要な意味を持っています。中村俊輔の所属するセルティクはACミラン、ベンフィカ、シャフタル・ドネツクという組み合わせですから、グループリーグの難易度は昨シーズンと同じくらいでしょうか。クラブ史上初めてベスト16に進出した昨シーズンの再現を期待したいです。
 昨年僕はイギリスを一人旅してきたのですが、ちょうどそのベスト16を決めた対マンチェスター・ユナイテッド戦をグラスゴーで観戦することができました。上の写真はその時のものです。実際に観戦して感じたのは、見ているサポーターが試合に応じてメリハリをつけて応援しているなと思ったことです。選手が一番きつい後半の25分くらいは全員が立ち上がって選手を鼓舞したり、悪いプレーには味方選手であってもブーイングをするというように、彼らはとてもよく試合を見ているなという印象を受けました。といっても、いつでも冷静に試合を見ているというわけではないのです。
http://www.youtube.com/watch?v=qRhPuWDTXx8
 試合は上記のリンク先のように中村俊輔のFKで決まったのですが、その時のスタジアムは僕がかつて経験したこともないような熱狂ぶりで、試合が終わってもそのテンションは下がることなく市街地までの3キロ余りの道のりは大変な騒ぎでした。
 僕の英会話の講師であるグラスゴー出身のsoozを含めたスコットランドの女性は、そんなサッカーに熱中する男たちを横目で見ながら、「やれやれ、男ってやつは」と嘆息するのだそうです(苦笑)
【2007/09/02 23:43】 | サッカー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<まど・みちお詩集 | ホーム | 『カラマーゾフの兄弟』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://salesclerk.blog105.fc2.com/tb.php/33-f11e1562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。